自動車保険は何を基準に選ぶべきか?

一番は迅速に保険金を支払うかどうか

自動車保険の一番のサービスは迅速に保険金を支払うかどうかです。事故が発生したら初期の事故対応を行います。その際に、担当者が保険金支払いセンターに連絡を入れて保険金を支払う段取りに入ります。その際にはスピードが大切になります。ほとんどの保険会社では事故発生から二週間以内には振り込みます。しかし中には人身事故などの被害者となった場合には、一刻も早く治療が必要な場合があり、その場合には振込も早い方が良いです。対応が素晴らしい保険会社だと、治療費は一週間以内で支払う場合がほとんどです。早い場合だと二、三日で振り込まれる場合もあります。このような対応ができるかどうかが保険会社を選ぶ上で一番大切なポイントです。

ロードサービスも大切です

自動車保険を選ぶ際のポイントにロードサービスもあります。ロードサービスの内容ですが、ガス欠時のガソリン補充はもちろんですが、良い保険会社だとバッテリーが上がった際の処置や、鍵の閉じ込めにも対応しています。その際にかかる料金も、無料かそれに近いリーズナブルな価格となっています。評判のよい保険会社だと全国各地にロードサービスの拠点があるので、電話したら遅くとも30分以内にはサービスを開始します。まれにロードサービスでは対応できない場合もありますが、よい保険会社だと事故現場から自動車整備工場まで無料で牽引します。自動車保険を選ぶ際には、保険金の支払い以外にもこのような視点から選ぶことも大切なポイントです。