知っていて損はない!約款の落とし穴。

なにを選べばいいの?契約内容を理解しよう!

自動車保険を選ぶ際にポイントとなるのは「主な運転者」と「車に乗る頻度」、そして「使用目的」です。誰がどのように車を運転するのか、で事故が起こるリスクが違うからです。車の主な運転者や使用目的によって手厚い保証が必要なのか、またはある程度安い保険でもよいのかが決まります。また自動車保険には等級制度があります。これは事故で保険を使ったかどうかで等級が昇進・降格するという制度です。等級の変動により、保険料も割引・割増されます。このような内容は約款に書かれています。字が細かい、文章がが多過ぎるなどの理由で、約款を読まない人が多いといわれています。しかし約款には契約時や契約後のこと、事故を起こした時のこと、保険金の支払いのことなど契約者が理解すべき多くの内容が記載されています。面倒だから読まないと約款の落とし穴に落ちないように、契約内容をしっかり把握しておきましょう。

事故やトラブルを起こしたら?保証内容を知っておこう!

どんなに気をつけて運転をしていても、事故を避けることができない場合もあります。万が一事故を起こした場合、負傷者の応急手当や二次災害を防ぐ処置、救急車の要請や警察への連絡などを行う必要があります。また加入している保険会社へ速やかに連絡することも忘れないようにしましょう。事故の場所や状況を知らせて、適切なアドバイスを受けることもできます。保険会社は自分の損害への保証はもちろん、相手方との示談交渉や保険金請求に関する手続をサポートしてくれます。その他にもタイヤパンク時のスペアタイヤ交換、車の故障時のレッカー移動やガス欠時のガソリン補給などのロードサービスを行ってくれる保険会社もあります。さらに自宅や目的地までの交通費や宿泊費、レンタカー費用までサポートしてくれる場合もあります。自分の契約した内容を把握し保険を適切に活用するためにも、約款を読み理解することが重要なのです。