通販型と代理店型のメリットとデメリット。

通販型のメリットとデメリット

自動車保険に加入する際に、通販型というものがあります。
これは自宅のパソコンやスマートフォンを使って自動車保険会社のホームページにアクセスし、そのまま契約するという方法です。メリットはなんと言っても保険料の安さです。なぜなら人件費がかからないからで、その分を保険の加入料に還元できるわけです。他にも、わざわざ出かける必要がなく、自宅で手続きできるのも通販型の良いところです。
ただし、少なからずデメリットも存在します。それは保険の内容に関しては、契約者本人が確認しなければならない点です。面倒だからと契約書をほとんど見ない人がいます。そのせいで事故を起こした際に、保険が使えないなどといったトラブルになる可能性もゼロではありません。

代理店型のメリットとデメリット

代理店型の自動車保険にしておくと良いところは、その保険会社が扱っている商品に関して、詳しく説明をしてもらえることです。
自動車保険の契約書には、たいてい所狭しと文字が並んでいます。それだけでも読む気がなくなる人も多いでしょう。加えて使われている言葉も決してわかりやすいものではないので、素人が理解するのには苦労します。ところが代理店に行けば、担当者が丁寧に説明してくれるのです。それにわからないことがあれば、その場で質問できるため、納得した上で契約ができます。
しかし、実際に代理店へ行くにしても、自宅まで来てもらう場合でも、そのためだけに時間を確保しなくていけません。そのため仕事や家事に追われていると、なかなか契約できないといった事態も起こります。